里山ICT能開学校

廃校の跡地活用として、未就労となっている若者を集めコミュニケーション力とIT技術を身につければ

田舎でも就労が可能となり、少子高齢化社会において彼らの活躍による地域の存続を目指して

平成29年4月に鞍居小学校跡で開校をしました。

就労支援

就労支援1年後には23歳で初めて正社員として社会への一歩を踏み出しました。また、昼夜逆転生活が改善され半年後にホームページ制作の業務を行っています。

 

小学生向けプログラミング講座

小学生が本格的にプログラミングのマスターに取り組んでいます。また、受講をきっかけに不登校だった児童が学校へ通い始めました。10年後、地元で活躍をするIT技術者の育成において流出人口の減少を目指しています。

 

 

 


パソコンクラブ

鞍居公民館と里山ICT能開学校とのコラボで開講しました。地域と若者との新たな交流の場が生まれ、これからのさらなるIT社会に向けての取組みが進んでいます。また、今後は終活用自分史動画の作成なども予定しています。

 

シェアハウス運営

「親離れ子離れ」の環境下での自立を目指して、空き家をシェアハウスとしてオープンしました。これを機に若者によるサテライトオフィス運営や産業の六次化(モロヘイヤなど)に取り組んでいきます。また、次の空き家活用として引きこもり解消に向けた「居場所」の開設を目指しています。


問い合わせ先
里山ICT能開学校 
0791-55-9499
090-1147-0602

担当:尾鼻
obana@tiikisaisei.or.jp
 
里山ICT能開学校 : http://tiikisaisei.or.jp